明治HDは軟調、野村証が「ニュートラル」でカバレッジ再開

 明治ホールディングス<2269.T>は軟調。一時、前日比55円安の3600円まで売られている。野村証券が4日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」、目標株価3800円でカバレッジを再開するとしている。
 リポートでは「成長カテゴリーであるヨーグルトにおける高収益商品、価格競争が激しく市場が縮小する牛乳市場においても高単価を維持できる製品を有し、今後は収益性の改善が進むだろう」としている。

明治HDの株価は、10時00分現在3645円(▼10円)