ヤマトHDが続落、中央高速道一部通行止めの影響を懸念

 ヤマトホールディングス<9064.T>が続落。笹子トンネル(山梨県)の崩落事故で中央高速道路の一部が通行止めとなったことで、東日本からの輸送体制への不安が高まっている。通行止め区間は国道20号など一般道への迂回(うかい)ルートをとる計画が産経新聞などで報じられているが、今後の影響は不透明だ。

ヤマトホールディングスの株価は10時32分現在1228円(▼1円)。