日工が年初来高値、トンネル補修で関連受注増に期待

 日工<6306.T>が続急伸、一時前日比27円高の345円まで買い進まれ年初来高値を更新した。建設を中心に公共投資関連株が個別に物色されるなかで土木用プラント専業でアスファルトプラントで業界トップを誇る同社も物色されている。震災復興に絡んでコンクリートプラント中心に引き合いが活発化しており今3月期は連結営業利益で8億円(前期比47.7%増)を計画、今後、トンネルの補強や修理が活発化すれば関連受注増も期待される。

日工の株価は13時27分現在333円(△15円)。