帝人が反落、三菱UFJMSが今期予想を引き下げ

 帝人<3401.T>が反落。三菱UFJモルガン・スタンレー証券がレーティング「ニュートラル」継続、目標株価を155円から165円に引き上げているが、今3月期通期業績に関して連結営業利益で会社側計画の250億円に対して同証券では当初予想の255億円から215億円(前期比36.8%減)に引き下げている。ヘルスケアでは変形膝関節症治療薬「サイビスク」の立上がりが鈍く、既存薬でも骨粗鬆症薬「ボナロン」、「ワンアルファ」の販売減少リスクが残ることを懸念している。

帝人の株価は13時49分現在192円(▼3円)。