ヒラノテクが年初来高値、電池向け拡大で通期増額期待

 ヒラノテクシード<6245.OS>が反発、年初来高値を更新した。塗工や化工機械、各種熱処理機械を主力としており、2次電池や燃料電池向けの電極用塗工機の新製品に拡大期待が高まっている。今3月期は第2四半期で連結営業利益が7億1200万円(前期比31.3%増)を計上しており、通期予想の11億2000万円(前期比19.9%減)は増額修正の可能性もありそうだ。

ヒラノテクシードの株価は14時12分現在729円(△17円)。