Jトラスト5日続伸、金融緩和期待を背景に連日の新値

 Jトラスト<8508.OS>が5日続伸で新値街道にある。資産買い取り・債権回収、保証事業などを主力としているノンバンクで、ここ高まる国内金融緩和期待を背景に、調達コストの低下思惑が株価の後押し材料となっている。同社は金融のほかに不動産、アミューズメントなど多角的に展開している点も特徴だ。KCカードや武富士の買収で業容を拡大し、7月にはネオライングループを傘下に収めた。M&A効果により13年3月期は売上高に相当する営業収益が前期比2.3倍の560億7000万円、経常利益は同2.2倍となる120億4800万円見通しにある。来期も2ケタ増収確保が見込まれ、利益は伸び悩みそうだが、韓国地場銀行の買収など海外展開にも期待が大きく材料性に事欠かない。

Jトラストの株価は14時22分現在1389円(△38円)。