野田SCが3日ぶり反発、第2四半期累計決算が従来予想を上回る

 野田スクリーン<6790.T>が3日ぶりに反発した。4日に発表した第2四半期累計(5~10月)連結決算が売上高17億4800万円(前年同期比23.8%増)、経常利益1億9100万円(同76.9%増)と、経常利益で従来予想の1億4700万円を上回ったことを好感。前半に通信関連機器向けのフラットプラグ加工の受注が堅調に推移したことに加えて、海外での受注が拡大したことが上ブレの要因。なお、13年4月期通期は売上高33億7200万円(前期比8.5%増)、経常利益2億8800万円(同15.3%減)の従来予想を据え置いている。

野田SCの株価は10時06分現在2万7120円(△170円)。