古河電工は軟調、JPモルガン証が目標株価を160円に引き下げ

 古河電気工業<5801.T>は軟調。一時、前日比4円安の157円まで売られている。JPモルガン証券が4日付のリポートで、投資判断「ニュートラル(中立)」を継続しながらも目標株価を従来の190円から160円へと引き下げたことが嫌気されている。
 リポートでは「低迷が続く情報通信に加え、エレクトロニクス事業でも来期に向けて明確な成長ドライバーとなる製品は不在で、13年度以降も強いトップライングロースは見込めないだろう。先般発表された構造改革についてもやや迫力不足の印象で、同社に対する中期的な投資評価を改善させるには至らない」としている。

古河電工の株価は、10時23分現在159円(▼2円)