<前場の注目銘柄>=レーザーテック、半導体装置好調で急浮上

 レーザーテック<6920.T>は底入れから浮上の兆しにある。値運びの速さは折り紙付きで、ここは追撃で対処。

 半導体や液晶の検査装置を主力とするが、スマートフォンの普及加速が同社の業績にも大きく貢献している。同商品やタブレット端末の高水準の需要を背景に半導体各社の設備投資増強の動きが相次ぎ、同社のマスク検査装置などが想定以上の伸び。今6月期の第1四半期にあたる12年7~9月期は売上高が前年同期比で2.5倍、営業損益も10.5億円の黒字と前年同期の営業赤字からの改善が顕著となった。

 進捗率から通期の営業利益31億円見通しも増額の公算大。25日移動平均は下向きながら日足GC示現も目前だ。