楽天が3日続落、米国事業基盤強化も成果は懐疑的

 楽天<4755.OS>が小幅に3日続落。5日付日本経済新聞朝刊が「日本の楽天市場のノウハウを活用し、米国での事業基盤を固める」と報じたが反応はない。現地インターネット通販子会社バイ・ドット・コムに来年1月に通販モールの仕組みを本格導入、加盟店へのサポートや営業を拡充するとともに、ネット広告の分野でも事業を拡大する方針だが、米国は電子商取引(EC)の先進国であり、今後の成果に懐疑的な見方が広がった。

楽天の株価は10時26分現在671円(▼4円)。