不動テトラが大幅反発、引き続き公共投資増の思惑人気と取組妙味をハヤす

不動テトラ<1813.T>が大幅反発。株価は前日比10円高の160円まで買われている。同社は地盤改良工事や港湾土木、消波ブロックなどを手掛けており、次期政権に自民党の復帰観測が高まる中で、同党の掲げる国土強靭化計画の実施に伴う公共投資拡大の思惑人気が引き続き買い材料になっている。また、きょうは株価の急上昇により4日申し込み現在の日証金ベースの信用倍率が1.2倍台と拮抗していることから、取組妙味をハヤす向きもあり、買いを誘っているようだ。

不動テトラの株価は11時14分現在159円(△9円)。