新興市場(前引け)=ジャスダック平均続落、マザーズ指数も反落

 5日前場引けの新興市場では、日経ジャスダック平均は続落、東証マザーズ指数も反落となった。
 日経ジャスダック平均は前日比0円29銭安の1367円09銭。USシステム、陽光都市が急反落、ADワークス、パピレス、シスウェーブも大幅続落となり、ワールドロジ、ウェッジ、モジュレなども値を崩し楽天も安い。半面、コーセーRE、ゲートウェイ、スタイライフ、ネプロがストップ高となり、大証、免疫生物、ジャストシステムは大幅続伸、ジェイアイエヌも急反発、USEN、メガネスーパーも賑わった。
 東証マザーズ指数は前日比1.36ポイント安の390.14。カイオムバイオ、ナノキャリア、ファステップス、総医研が値を崩しイーブック、エムアップ、クリエイト・レストランツなども安い。半面、さくらインターネット、メディアフラッグ、フュートレック、APカンパニーが大幅続伸、クロス・マーケティング、豆蔵なども値を飛ばした。