シスメックスが新値追い、大阪大東市ノロウイルス感染の疑いで思惑

 シスメックス<6869.T>が7営業日続伸、連日で年初来高値を更新した。大阪府大東市内で入院患者と職員計48人が下痢や嘔吐などの症状を訴え、このうち80代の女性と70代の男性が死亡、女性からはノロウイルスが検出され、集団感染の疑いが強いとみられたことで、血液、免疫血清、生化学検査など検体検査機器大手の同社に物色のホコ先が向けられた。血球計数検査で世界トップシェアを誇り国内外で需要が増加、安定した成長が続き、今3月期業績予想は上ブレ期待が強い。

シスメックスの株価は14時29分現在3880円(△70円)。