【株主優待銘柄】ノバレーゼ (東証1部) <2128> 

オンリーワンを追求し、より大きな感動を
 東京都中央区銀座に本社を構えるゲストハウス・ウェディング運営大手のノバレーゼ。挙式・披露宴の企画・運営を行っており、婚礼プロデュースとホテル・レストラン部門が約4割ずつ、残りの約2割を婚礼衣装部門が上げるという比率で、2010年12月期は100億円超の売上高がある。

半歩先読みポイントは、「ブライダル業界のシェア」だ。ブライダル国内市場は推定約1.5兆円だが、同社のシェアはわずかに約0.7%。業界上位5社を合わせても約11.2%しかなく、ガリバー企業が存在しない。未成熟な業界だが、逆に言えば成長のチャンスが大きく残されているとも言えよう。

同社の強みは、店舗開発力(空間デザイン)だ。一般的な欧米風施設とは異なり、「シンプル・モダン」な空間で差別化を図っている。また1929年に設立された「旧逓信省芦屋別館」を婚礼施設として再生した「芦屋モノリス」のように、歴史的・文化的価値や景観に恵まれた「高付加価値施設の再生事業」にも積極的だ。
結婚式で提供する製品・サービス(衣装・料理・引出物・装花・映像演出)などは内製化しており、高いクオリティと利益率を確保している。

今後は年間4店舗程度の継続新規出店を、異なる2つの価格帯で国内で展開し、海外では東アジアを中心とした事業を推進していくようだ。
 
株主優待は、1000円のクオ・カードと同社直営レストランの30%割引だ。同社レストランの利用者であれば、非常にうれしい株主優待だ。予想配当利回りも約4%以上と高く、じっくりと中・長期投資を行いたい銘柄だ。

株主優待

1,000円分相当の「クオカード」1枚
   +
 「株主優待券」
 当社レストラン食事代金30%割引
 1枚につき5名まで利用可。

権利確定日:12月末日

ご注意:上記で紹介した銘柄は、お客さまに対してマネーパートナーズが推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客さまご自身でお願いいたします。