大阪株式(大引け)=修正平均は5日続伸、低位材料株が賑わう

 5日の大阪株式市場5日続伸、大証修正平均で前日比25円26銭高の1万6357円09銭となった。
 1部では主力株では日本電産、ローム、シマノが続伸、船井電機が反発となり新日本理化、キングの低位材料株も賑わい、古野電気、住金物産、エフピコ、小野薬品、遠藤照明なども高い。半面、任天堂が反落、村田製作、虹技、ヨータイなども安い。
 2部はJトラストが6日続伸、ヒラノテクが年初来高値を更新し、田淵電機も続伸となりトーアミも反発。半面、ダイベアが反落、瑞光、神鋼環境なども安い。