上海株急騰に後押しされ・・・・

テクニカル的な下値不安は一掃・・・・
 ドル円は日足ベースでは、11月22日と11月30日の高値が、ともに82円台後半となっていた事から、所謂、ダブルトップの形状となる可能性が強まっていました。

 もし、11月28日安値81.685円を下抜けると、その形状に向かい、81円台前半まで下げ幅を拡大するものと思われましたが、昨日は81.70円付近で下げ止まり、ダブルトップ形成とはなりませんでした。

 本日も朝方は上値の重い展開となる可能性がありましたが、上海株急騰により、クロス円が大幅高となった為、ドル円も急反発となり、結局、ダブルトップ形成の可能性はほぼ無くなりました。

 現在は、日足の転換線近辺で上値も抑えられていますが、短期的なダブルトップ期待によるショートが残っている可能性があり、今日は、82円丁度付近では底堅い展開となりそうに思われます。