明後日金曜日に雇用統計発表 ~「雇用統計NIGHT」

無料動画配信します
明後日は、米11月雇用統計の発表の日です。雇用統計は、景気動向を見る上でも重要ですが、それ以上に金融政策の先行きを占う大きな手がかりとなることから注目されます。

ただ、ツイストオペが年内で終了することから、今回の雇用統計の良否にかかわらず来週のFOMCでそれに代わる追加資産買入れを決定すると見られているため、QE3などの導入の有無が注目されていた今年夏に比べると注目度は低いと考えらえます。

また長期的に見ても、失業率の大幅な低下と、インフレ率の明らかな上昇がない限り当面今の超低金利+量的緩和のスキームが変化する可能性がないことからその意味での注目度はやや低い状況が続くと考えられます。

そうは言っても世界中の経済指標で一番重要な指標の一つですし、非農業部門雇用者数は最も予想が当たらない(笑)指標ですから、相場が動きやすいのは確かです。