アスクルが12年6~11月期業績の修正を発表、コスト削減効果で経常利益を増額

アスクル<2678.T>が5日引け後に12年6~11月期連結業績見通しの修正を発表。売上高は前回予想の1110億円から1097億3600万円(前年同期比7.2%増)に若干減額し、経常利益は32億円から35億5000万円(同19.4%増)に増額し、7.6%経常増益から20%近い増益見通しとした。売上高はほぼ予想通りとなったが、競争力強化に向けた全社あげてのローコストオペレーションの推進による効果で、経常利益は増額となる。