学研HDとセブン&アイHDが反発、外食店に介護付き住宅報道が手掛かり

学研ホールディングス<9470.T>とセブン&アイ・ホールディングス<3382.T>がともに反発。6日付の日本経済新聞が「学研HDとセブン&アイHDは高齢者向け住宅や外食店の出店で連携する」と報じたことが手掛かりになっている。セブン&アイグループのファミリーレストラン「デニーズ」の店舗を建て替え、高齢者住宅と外食店の一体施設を開業すると伝えている。学研HDは高齢者向け住宅事業の拡大、セブン&アイHDは高齢者向けの食事提供など店舗の複合利用につながることから、材料視した買いが両社に先行している。

学研HDの株価は9時08分現在223円(△7円)。
セブン&アイHDの株価は9時08分現在2454円(△22円)。