イオンクレが反発、13年3月期業績の上方修正を好感

イオンクレジットサービス<8570.T>が5日引け後に13年3月期連結業績見通しの上方修正を発表。営業収益は前回予想の1810億円から1960億円(前期比15.4%増)に、経常利益は285億円から325億円(同33.9%増)に増額し、17.4%経常増益から30%超の増益見通しとした。会員募集の強化によりカードショッピング取扱高が順調に推移していることや香港・タイ・マレーシアの海外上場子会社を中心とした海外事業の業容が拡大していること、イオン銀行の連結子会社化(13年1月1日からで決算期を2月から3月に変更する)に伴う第4四半期業績を取り込むことが要因だ。

イオンクレの株価は9時16分現在1722円(△61円)。