ソニー堅調、JPモルガンが投資判断を「ニュートラル」に設定

 ソニー<6758.T>は堅調。一時、前日比17円高の806円まで買われている。JPモルガン証券が5日付のリポートで投資判断を従来の「ノット レイテッド(レーティングなし)」から「ニュートラル(中立)」、目標株価を840円としたことを好感している。
 リポートでは「12年度通期のエレクトロニクス事業の売上高は、約4兆134億円(07年度比58%の水準)、営業損益は235億円の赤字と予想。同事業は08年度から5期連続の赤字見込み。ソニーモバイルの連結化や災害要因の一巡で12年度の売上は若干の増収が見込まれるが、ヒット商品による増収ではないため、大底を打ったとは言い難い」としている。

ソニーの株価は、9時43分現在805円(△16円)