川重が反発、シンガポールのLNGターミナルにグリーンガスエンジンを納入

 川崎重工業<7012.T>が反発。同社は5日、シンガポール初のLNGターミナル向けにグリーンガスエンジン2基を初めて納入したと発表した。ターミナル内の発電所建設工事一式を請け負うユーロアジアティック・マシナリー社から受注した案件で、発電出力は7800キロワット、世界最高の発電効率49.0%を実現している。シンガポールはエネルギー供給源の多角化を目的にLNG輸入を増やしており、年間処理能力を350万トンから600万トン以上に拡大する計画で、今後の高効率ガスエンジンの受注拡大が期待されている。

川重の株価は10時50分現在190円(△3円)。