NTNが商い伴い急騰、来期回復を織り込み株価底入れ鮮明に

 NTN<6472.T>が出来高を伴い急騰、11月26日につけた戻り高値179円を一気に上抜き9月下旬以来の180円台に歩を進めている。ベアリング大手で等速ジョイントは世界2位の高シェアを誇るが、中国向けなどが低迷して13年3月期は63%営業減益、最終損益で70億円の赤字を見込むなど、業績面は厳しい。株価も7カ月にわたる長期下降トレンドを余儀なくされていたが、ここにきてようやく底入れの動きが鮮明となっている。期中にドラスチックな人員削減に着手、不採算事業からの撤退など経営構造改革に大きく踏み込んだことが来期に反映され、14年3月期の最終損益は60~70億円の黒字転換が試算されている。
 メリルリンチ日本証券の5日付投資家向けリポートで投資判断が2段階引き上げられ、3段階で最上位の「買い」とされたことが上昇加速の引き金となった。ここ大口の買いが観測される中で、市場の注目度も高まっているようだ。

NTNの株価は11時30分現在183円(△18円)。