<動意株・6日>(前引け)=一休、JIN、GSユアサ

一休<2450.T>=新値追い。5日付の日本経済新聞で「JTB発表の年末年始(12月23日~1月3日)の旅行需要動向によると交通費や宿泊費などの総支出は前年比1.9%増の1兆406億円となる見通しで、前年水準を上回るのは6年ぶり」と旅行の需要増を報じたことから、思惑買いが先行。

ジェイアイエヌ<3046.OS>=大幅続伸。12月3日につけた3365円の年初来高値を更新。5日引け後に13年8月期11月度の売上高を発表。メガネ販売のジンズ業態の11月度売上高は既存店で前年同月比68.3%増、全店で同2.11倍となった。

ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>=堅調。同社は5日、三菱商事と共同でチリのコクラン石炭火力発電所から大規模リチウムイオン蓄電システムを受注したと発表。日本製リチウムイオン電池が海外で採用された受注案件として最大級となる。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。