日水が高い、業績底入れ感から押し目買い

 日本水産<1332.T>が高い。業績底入れ感から押し目買いが先行している。6日付けリポートでみずほ証券がサケ、マスなど鮮魚相場急落に伴い、今期は水産事業の営業赤字転落を見込む一方、鮮魚相場は底入れ傾向にあり、在庫は上期末として過去10年間で最低水準にあるとして、10~3月は業績が回復に向かうと予想。目標株価を260円から210円に引き下げる一方、投資判断「買い」は据え置いた。

日本水産の株価は14時24分現在147円(△2円)。