シーイーシーの第3四半期累計決算は経常利益4.5倍、構造改革効果などで

 シーイーシー<9692.T>がこの日の取引終了後、第3四半期累計(2~10月)連結決算を発表。売上高は主要顧客の製造業における内製化進行などの影響で295億5800万円(前年同期比2.3%減)と減少したものの、構造改革による経費削減効果や不採算案件の沈静化で経常利益は11億600万円(同4.5倍)となった。なお、13年1月期通期は売上高410億円(前期比1.2%増)、経常利益14億円(同90.6%増)の従来予想を据え置いている。

シーイーシーの株価(大引け)は466円(△5円)。