昭和電工が下落、大和証券は「中立」に格下げ、収益けん引役に欠けると

 昭和電工が小安い。大和証券は6日、同社株を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げた。目標株価は125円とした。ハードディスクドライブ(HDD)関連は、ノートパソコンからタブレット向けへの需要シフトなどもあり需要は伸び悩む見通し。2013年3月期はエレクトロニクス部門以外の減益が予想されており、「当面業績のけん引役に欠ける」と指摘している。

昭和電工の株価は11時30分現在117円(▼2円)。