新興市場(前引け)=ジャスダック平均が反落、マザーズ指数は4日続伸

 7日前場引けの新興市場で日経ジャスダック平均が反落、東証マザーズ指数は4日続伸となった。
 日経ジャスダック平均は前日比0.58円安の1371円33銭。前日上場のIBJが反落となり、USシステム、スタイライフ、スペースシャワーも大幅安、キタック、テラなども安い。半面、ゲートウェイHD、アルトナーがストップ高、ワールドロジ、ジェイテックが続伸となり、メガネスーパーがこの日も年初来高値を更新、エスコン、USEN、楽天も高い。
 東証マザーズ指数は前日比0.98ポイント高の395.02。GTSが大幅続伸、総医研ホールディングスが年初来高値を更新、イー・キャッシュが反発となり、アニコム、スリープロ、サイバーS、ナノキャリアなども値を飛ばした。半面、アルチザが急落、インターアクション、アイフィスジャパン、ビューティ花壇も値を崩し、フュートレックも安い。