KDDIが下放れ、NTTドコモ「iPhone」導入の観測を嫌気

 KDDI<9433.T>が下げ幅を広げ、株価は10月16日以来の5900円割れとなり日足チャート的にも下放れた格好となった。NTTドコモの携帯電話契約数が5年3カ月ぶりに純減(4万件)となり、この対応策としてドコモがアップルの「iPhone」を取り扱うとの観測が出たことで、既に取り扱っている同社やソフトバンクにとっては競合が懸念されるとの見方が見切り売りを誘っている。前引け時点では120円安だったが、後場に入り一時250円安の5810円まで売られる場面があった。

KDDIの株価は14時13分現在5860円(▼200円)。