ショーボンドが年初来高値更新、社会インフラ補修関連で注目高まる

 ショーボンドホールディングス<1414.T>が続伸し9月28日以来の年初来高値を更新。公共向け比率が全体の7~8割を占める同社にとって、政権交代により公共工事が増える可能性が強まっている点はプラス。また、首都高速道路会社が6日に、羽田トンネルの天井板を年内に撤去すると報じられており、社会インフラ補修関連として注目が高まる格好となっている。

ショーボンドHDの株価は14時47分現在2756円(△47円)。