丹青社が12年2~10月期決算を発表 不採算案件の減少が収益に寄与

丹青社<9743.T>が7日引け後に12年2~10月期連結決算を発表。売上高は408億3500万円(前年同期比1.8%減)、経常利益は20億4600万円(同72.7%増)と減収、大幅経常増益となった。大型商業施設の内装工事は順調に伸びたが文化施設の不振が影響して売上高は微減となった。不採算案件の減少や外注費の削減、資材費圧縮などのコスト削減効果が経常利益拡大に寄与した。なお、第3四半期累計で経常利益実績は13年1月期通期見通しを上回っているが、第4四半期の見通しが不透明なことを理由に、売上高510億円(前期比2.0%減)、経常利益11億5000万円(同42.5%増)の前回予想を据え置いた。