◎7日後場の主要ヘッドライン

・青山商事が続伸、11月の既存店売上高9.0%増を評価
・コニシは再上昇期待強い、笹子トンネル事故後急騰も一段高余地
・コロナが16日続伸、好業績割安のシーズンストックとして注目高まる
・三住建設が大幅続伸、値上がり効率狙いの買い継続
・三和HDが新高値更新、好業績への見直し買い続く
・ダイセキSが大幅高、復興関連需要の増加に期待する買い続く
・東洋水産が新値追い、シティ証は投資判断「1」を継続
・ドワンゴが6日ぶりに反発、「ニコニコ超会議2」に任天堂が特別協賛で
・アイロムHDが騰勢加速、一気に年初来高値更新へ
・新晃工業が年初来高値、省エネ対応の新製品などに期待