JXが反発、電力システムの請負事業報道で

JXホールディングス<5020.T>が反発。9日付の日本経済新聞が同社子会社の「JX日鉱日石エネルギーが2014年度にも集合住宅向けに電力自給率を大幅に高める電力システムの請負事業を始める」と報じたことが手掛かりになっている。ガスで発電する燃料電池と太陽光発電装置を提供して、マンション1棟が外部から購入する電力量を最大9割減らし、残る電力も東京電力など大手より安く提供し各戸のエネルギーコストを減らすと記事は伝えており、分譲マンション事業者向けの新たな電力サービスとして、関連ビジネスの展開に期待が出ている。

JXの株価は9時06分現在450円(△5円)。