オリックスが年初来高値更新後に値崩す、急ピッチな上昇から警戒感も

 オリックス<8591.T>が一時前日比60円高の8800円まで買われ年初来高値更新。岡三証券が12月7日付で、レーティング「中立」、目標株価8500円継続ながら今3月期の通期予想を連結営業利益で同証券では当初計画の1430億円から1520億円(前期比21.4%増)、来期予想を1580億円から1620億円に引き上げている。有価証券評価損の上積みなどが懸念されるが、JV(共同企業体)のマンション分譲事業の黒字化などを指摘しているが、株価は急ピッチな上昇から高値警戒感が高まり売りに押される展開。

オリックスの株価は10時33分現在8580円(▼160円)。