GSユアサがしっかり、リチウムイオン電池事業早期黒字化に期待感

 ジーエス・ユアサ コーポレーション<6674.T>がしっかり。5日に三菱商事と共同でチリのコクラン石炭火力発電所から大規模リチウムイオン蓄電システムを受注したと発表した。海外最大級の蓄電システムに日本製リチウムイオン電池が採用されるのは初めてのケースで、今後大型受注への期待が増している。先月30日には国際宇宙ステーション用リチウムイオン電池を受注したことを発表するなど、幅広い分野に採用が進んでおり、リチウムイオン電池事業の黒字化が早まるとの観測が広がっている。

GSユアサの株価は10時50分現在328円(△▼0円)。