【株主優待銘柄】コカ・コーラ セントラル ジャパン (東証1部) <2580>

日本の中央部が販売エリア
コカ・コーラ セントラル ジャパン (東証1部)

横浜市西区みなとみらいに本社を構える、コカ・コーラセントラルジャパン。コカ・コーラのボトラー会社として、国内2位の規模を誇る。

日本のコカ・コーラは、原液の供給および製品の企画開発・広告などのマーケティングを行う「日本コカ・コーラ」と、製品の製造・販売を全国12地区に分けて行う「各ボトラー会社」で構成されている。愛知・三重・岐阜・神奈川・静岡・山梨といった日本の中央部6県が、コカ・コーラ セントラルジャパンの販売エリアだ。

 筆頭株主であった三菱商事が2011年12月に株式を売却し、現在は米国のザ コカ・コーラカンパニーと資本業務提携契約を結んでいる。M.クームス新社長の下、これまでの地域に密着した営業力と共に、米ザ コカ・コーラカンパニーが持つ世界レベルのノウハウを融合させることで、今後の成長戦略を練るようだ。

同社には、コカ・コーラという非常に強いブランド力を持つ商品を、日本の要の地域で独占的に販売出来る強みがある。大きな成長は望み難いが、安定した収益力は魅力だ。 

株価的には、株価純資産倍率(PBR)が0.5倍強、予想配当利回りも3%超と、割安な水準となっている。また株主優待で年2回、コカ・コーラ製品詰め合わせが貰えるため、コカ・コーラ製品の愛飲者には魅力的だ。

株主優待
   100株以上     720円相当のコカ・コーラ製品
   500株以上     2,880円相当のコカ・コーラ製品 

権利確定日:6月末日・12月末日

ご注意:上記で紹介した銘柄は、お客さまに対してマネーパートナーズが推奨するものではございません。投資判断におかれましては、必ずお客さまご自身でお願いいたします。