子供から大人まで楽しめる12月の株主優待銘柄は

 
3月決算企業が圧倒的多数を占める日本企業ですが、その3月期決算企業に次いで多いのが12月決算企業で、その数は東証1部上場銘柄だけでも100を超えます。そのため株主優待制度を導入している企業も少なくなく東証1部で40を数え、その他の市場も含めると80強に上ります。

このため6月期決算企業なども含めた12月に権利が確定する株主優待銘柄は90を超え、そのなかには他の月にみられない株主優待制度もあります。

その一つがビール大手の優待で、アサヒグループホールディングス(2502)では厳選した原材料から製造した非売品の株主限定特製ビールを優待品としていることから、ビール好きには魅力的かもしれません。

また、12月の株主優待銘柄には日本マクドナルドホールディングス(2702)やサーティワンアイスクリーム(2268)もあり、子供から大人まで楽しめる優待制度が揃っています。

今回リストアップした優待権利獲得の最終売買日は12月25日で、廃止や変更になる場合もあるため当該企業のホームページ等で内容を必ずご確認ください。