キャリアリンクが5日ぶり反発、売り一巡で安値拾いの動き

 キャリアリンク<6070.T>が5日ぶり小反発。11月15日に東証マザーズに上場したばかりのニューフェースで、年金関連の調査業務の請負事業者向けなどにコールセンターの人材派遣を手掛けている。公開価格の420円に対し、初値は846円と約2倍で寄り付いたが、その後は急反落。筆頭株主などにかかるロックアップが、上場後の株価が1.5倍になると解除される条項が設定されていたことがその理由で、大株主の売りが株式需給を悪化させるとの思惑が短期筋の投げを誘った。しかし、目先はやや売り物が枯れてきた印象も受ける。PERは9倍強と割安なほか、13年2月期の最終利益は、4.5倍の変化率をみせた前期に続き3割増益を見込むなど好調を維持している。

キャリアリンクの株価は13時37分現在633円(△7円)。