東京綱が続伸、公共投資拡大の思惑買い続く

 東京製綱<5981.T>が反発。株価は前日比8円高の127円まで買われている。背景は引き続き公共投資の拡大思惑だ。自民党が次期政権に復帰すれば公共投資拡大による景気対策が実施される公算が大きい。橋梁用や道路設備用のワイヤーロープを手掛け、公共投資拡大による恩恵の大きい一社として市場の注目が集まりやすいことから、このところの低位株人気にも乗って買いが継続している。

TOWの株価は14時33分現在125円(△6円)。