公正取引委員会がヤマダ電のベスト電買収を承認

 公正取引委員会は10日、ヤマダ電機<9831.T>によるベスト電器<8175.T>の買収について条件付きで承認すると発表した。ヤマダ電が公正取引委員会に提出していた株式取得に関する計画届出書に関して、公正取引委員会は独占禁止法に基づく排除命令を行わない旨の通知をした。競争の制限を防ぐため、店舗が重複する一部地域での店舗譲渡を求めた。両社は九州などの計8店舗を来年6月末までに譲渡する。公正取引委員会の承認を受けて、両社は同日、ヤマダ電による第三者割当増資の払い込み日を13日とし、買収を完了することを決定した。