あさひが6日続伸、13年2月期業績の下方修正も悪材料出尽くし

あさひ<3333.T>が6日続伸。10日引け後に13年2月期単独業績見通しの下方修正を発表。売上高は前回予想の417億2300万円から380億2400万円(前期比7.0%増)に、経常利益は54億円から44億3100万円(同1.4%減)に減額し、20.1%経常増益から一転、微減益見通しとした。昨年の大震災後の急激な自転車需要増加の反動減で、販売が予想を下回ることや広告宣伝費などの販売管理費増が収益を圧迫することが要因。ただ、株価は下方修正の織り込みが進んでいたことや、2月期末配当が前回予想の年10円から年12円(前期実績は年10円)に引き上げられたことなどから、いったん悪材料が出尽くしたとの感触で買いが先行している。

あさひの株価は9時08分現在1268円(△62円)。