ルネサスが続伸、産業革新機構など出資決定で財務基盤に安心感

 ルネサスエレクトロニクス<6723.T>が4日続伸、寄り付きに前日比17円高の325円をつけた後も買いが優勢の展開。同社は10日、政府系ファンドの産業革新機構と製造業8社(トヨタ、日産自、ケーヒン、デンソー、キヤノン、ニコン、パナソニック、安川電)から最大2000億円の第三者割当増資を実施すると発表した。来年2~9月に発行価格120円で1500億円の第三者割当増資を行い、革新機構はルネサスの発行済み株式数の69.2%を保有するほか、追加で最大500億円を出資・融資する。これにより、同社の財務基盤が強化されるとの思惑が短期資金の買いを誘っている状況だ。

ルネサスの株価は9時17分現在342円(△31円)。