シャープが反発、三菱UFJ信託など3行最大400億円融資で最終調整との報道

 シャープ<6753.T>が反発。11日付日本経済新聞朝刊が「三菱UFJ信託銀行とみずほ信託銀行は計200億円を追加融資する」と報じ、読売新聞がりそな銀行も加わり「最大400億円を融資する方向で最終調整に入った」と伝えたことで、財務基盤強化による経営再建期待が強まった。また11日付日本経済新聞が「産業技術総合研究所とシャープ、パナソニック、福島大学など19機関が次世代の太陽電池を開発するコンソーシアムを発足する」と報じたことも買い手掛かりで、買い戻しを誘発している。

シャープの株価は10時16分現在211円(△7円)。