出光が反発、カンボジアでバイオエタノール燃料開発

 出光興産<5019.T>が3日ぶり小反発。同社は10日、カンボジア政府とバイオエタノール燃料の開発で協力する覚書を結んだと発表、これが株価を支援している。家畜用飼料などに使用される「キャッサバ」を同国内で栽培、同国を含めてメコン川地域でバイオ燃料の製造も手掛ける。2020年代初頭には年産20万キロリットル体制を構築し、同地域のバイオエタノールの販売シェア5%を目指す方針だ。

出光の株価は10時07分現在6960円(△20円)。