三協立山が続伸、好業績の割安株で見直し買いが継続

三協立山<5932.T>が続伸。株価は前日比77円高の1683円まで買われている。12月3日に建材事業の好調やサッシ工場の生産ライン集約によるコスト削減効果から、12年6~11月期の連結経常利益を前回予想を20億円上回る55億円(前年同期比20.5%増)に上方修正している。このため13年5月期通期の連結経常利益見通しの76億円(前期比41%増)にも上ブレ観測があり、PER7倍台の割安感から見直し買いが継続している。同社は今年6月に旧三協・立山ホールディングス傘下の3事業会社を合併して設立。11月末にいったん上場を廃止し、存続会社である三協・立山HDを吸収合併して12月1日から再上場している。

三協立山の株価は10時11分現在1678円(△72円)。