NECキャピタルが4日ぶり反発、三井住友が200億円の融資枠設定

 NECキャピタルソリューション<8793.T>が4日ぶり小幅反発。三井住友銀行が有事に備えた事業継続計画を評価して同社に200億円の融資枠を設定、これによる財務基盤の充実を好感した押し目買いが入った。同社は200億円の融資枠が設定されたことで、リーマン・ショックや欧州信用不安などのように金融市場が混乱したケースでも安定的な資金調達が可能になるとみられる。

NECキャピタルの株価は10時17分現在1151円(△6円)。