PS三菱と日本橋梁が安い、急騰のあとの高値波乱展開で警戒売り続く

ピーエス三菱<1871.T>と日本橋梁<5912.T>がともに安く3日続落。自民党の政権復帰観測から、同党が選挙公約に掲げる国土強靭化計画の実施で、老朽化した橋梁の架け替え・補強工事の増加思惑を手掛かりに、両社の株価は11月末から直近高値まで50%前後の急騰と大きく買われた。だが、12月4日以降、両社とも上値が重くなり高値波乱の展開になっていることから、警戒した売りが出ているようだ。

PS三菱の株価は11時10分現在473円(▼30円)。
日本橋梁の株価は11時10分現在342円(▼19円)。