アスカネットが続落、第2四半期3割経常減益を嫌気

 アスカネット<2438.T>が続落。10日に発表した第2四半期累計(5~10月)決算が売上高20億9700万円(前年同期比1.3%減)、経常利益2億1800万円(同31.2%減)と3割減益となったことを嫌気している。メモリアルデザインサービスで葬儀件数の減少とハード機器の買い換えが想定を下回ったほか、パーソナルパブリッシングサービス事業で海外向けの売り上げが減少したことが要因。なお、13年4月期通期では売上高47億3000万円(前期比5.5%増)、経常利益6億円(同18.7%減)の従来予想を据え置いている。

アスカネットの株価は11時30分現在643円(▼32円)。