三井化学が小幅続落、岡三証券は新規「強気」で220円目標

 三井化学<4183.T>が小幅続落。10日付で岡三証券がレーティングを新規「強気」、目標株価を220円に設定している。フェノール・チェーンはコスト競争力の向上や副生物の高付加価値化、新規誘導品の開発などの事業再構築に着手しており中期的に業績を牽引すると指摘。同証券では今3月期通期予想を連結営業利益で会社側計画の230億円に対して170億円(前期比21.2%減)と基礎化学品セグメントの低迷で会社計画を下回ると予想しているが、株価には既に織り込まれているとしている。

三井化学の株価は11時30分現在181円(▼3円)。