日本精化が年初来高値、低位材料株物色に乗り業績面での安定感も

 日本精化<4362.OS>が3日続伸、一時20円高の600円まで買われ年初来高値を更新した。09年8月には927円まで急騰した経緯があり、今回も低位材料株が個別で物色されるなかで値動きの軽さからも買いが継続している。化粧品用原料などに使用される脂肪酸エステルなどで高シェアを占めており、今3月期も通期連結営業利益で前期比5.6%増の14億円予想と業績が安定していることも安心感が働いている。

日本精化の株価は13時19分現在591円(△11円)。